猫棒

食性

ネコは肉食性である。生きた小獣(ネズミなど)・小鳥・小型爬虫類(ヘビ、トカゲなど)・小型両生類(カエルなど)・魚・小型節足動物(昆虫や蛛形類)といった小動物、または与えられた獣肉や、動物性の人工飼料を摂食する。
ただ、世界にもあまり例がないが日本では人間の残飯の冷や飯に汁をかけた「ねこまんま」が近年まで普遍的なネコの飼料であり、現在でも依然ねこまんまをネコに与えている家庭は多い。これはネコが米中心の雑食でも飼育可能なことを実証するものだが(科学的な解明もされていないが、目立った健康被害は報告されていない)「ネコに餌をやりすぎるとネズミを捕らなくなる」といった飼育上の常識があり、穀物性の飼料のみでネコが栄養的に充足することを証明するとは言いがたい。
また、ネコは燕麦など背の低い草を食べる習性がある。理由は未だ明らかでないが、毛繕いのときにどうしても呑み込んでしまって蓄積した体毛を、草の繊維に引っかけて、まとめて排泄するためとする説や、植物性のビタミンや葉酸を草から直接摂取しているなどの説が有力である[誰?]。どのネコにも共通しているのが、イネ科植物を好んで食べるということである。ペットショップでは飼い猫用に「猫草」として種や栽培キットなどが売られている。
日本では「ネコは肉より魚を好む」というイメージが強いが、多分に誤解による。『トリビアの泉』(フジテレビ)による検証で、ネコに魚と肉の両方を自由に選ばせたとき、被験対象の全てのネコが肉の方を選択した。解説担当の学者の説明によると、ネコが何よりも魚を好むというのは全く根拠のない話であり、魚食中心で肉食をしなかった中世から近世にかけての時代の日本でネコを飼う習慣が広まったことや漁業従事者が好んで飼っていたことが、そのような印象を定着させたと述べている。
ドッグフードも好んで食べるが、ネコにとっての必須栄養素であるタウリンはドッグフードにはあまり多く配合されていないので、キャットフードを与えるのが無難とされる。

ネコに与えてはいけない食べ物

ユリ・タマネギ等のユリ科の植物

ネコやイヌにとってネギやタマネギ、ニンニク、ラッキョウなどといったユリ科の植物は極めて有毒であり、飼育時にはネコなどが誤って口にしないよう注意が必要である。多少は個体差もあるのでごく少量の場合は異常が見られないこともあるが、ひとかけら食べただけでも死に至る場合がある。毒性は加熱によっても消えず、だし汁(エキス)などにも含まれる。また、ユリ属の植物は特に有害であり、全ての部位に毒性があり、体毛に付着した花粉を舐めただけで死亡した例も報告されている。アメリカの愛猫団体であるCFAは、これらの植物をネコに近づけないように勧告している。ハンバーグなどの練り製品、人間用のビーフジャーキー、すき焼き(の肉)、牛丼や茶碗蒸し、カップ麺などにも含まれることがある。

アルカロイド類

アルカロイドを含む多くの植物は中毒の原因となる。また、種子類・球根は全て有害と考えられている。カフェインを含む、コーヒーや紅茶等を飲ませてはならない。

イカ、タコ、エビ、カニ、貝等の一部の魚介類

イカやタコを与えてはいけないとされるが、これにはある程度誤解も含まれている。イカなどに含まれる酵素であるチアミナーゼ(サイアミナーゼ)はビタミンB1を破壊するため、長期にわたって摂取した場合、背骨の変形を引き起こすなどし、寿命も短縮される。これが「イカを食べると腰を抜かす」と言われる所以である。チアミナーゼは、イカ・タコ・貝類といった軟体動物のほか、エビ・カニなど甲殻類やコイ・ワカサギなどの淡水魚にも含まれている。しかし、チアミナーゼは熱によって失活するため加熱すれば問題はなく、イカ・タコなどはネコにとっての必須栄養素であるタウリンを豊富に含むため、ネコには好まれ、イカ入りのキャットフードも存在する。ただし、イカ・タコなどは消化があまりよくないため、多量に摂取すると消化不良を起こす。また、乾物であるスルメなどは、多くの水分を奪うという別の理由からも無闇に与えるべきではない(パック包装などを施された湿り気のある商品はこれに当たらない)。
なお、魚には基本的にビタミンB1が含まれていないため、肉を与えず魚だけで育てた場合も、寿命が短縮する。市販のキャットフードなどはビタミンB1を添加してあるため、魚が主原料であっても気にする必要はない。

アワビ、サザエ、ノリ

死亡する危険はないが、アワビやサザエ、ノリを食べさせると耳が腐れ落ちると言われる。アワビやサザエは餌としている海藻に含まれるクロロフィルが、動物の体内に摂り込まれた状態で日光に当たると化学変化を起こしてピロフェオホルバイド a という毒成分に変質することに基づいている。アワビなどはクロロフィルを内臓に溜め込んでいるので、これを食べると成分も体内に入る。ネコの体は被毛で覆われているため、たとえ日に当たっても光は皮膚までは届かず問題ない、がしかし、耳だけは被毛が薄く、毛細血管にまで日光が届く。そのため、化学変化で毒成分が造られ、炎症を起こして激しい痒みを生じる。ネコは耳を激しく掻きむしり、取れるまでそれを続けてしまう。あるいは、毒成分によって耳の組織が壊死してしまい、取れてしまう。味ノリなどは匂いだけで食べさせろとせがむことが多くまた好んで食べるが、あとあと耳だれや目やにが出て可哀相なことになるため与えないのがよい。

家庭薬等

グルクロン酸抱合能力が低いことなど、ヒトとネコの違いゆえに、風邪薬に代表される(ヒトでは問題ない)家庭薬や、エチレングリコール、ミノキシジル、α-リポ酸など身近な薬品での中毒事故が起こりうる。

カカオ、チョコレート

カカオに含まれるテオブロミンもネコは代謝できないため、チョコレートを与えてはいけない。大量に与えたり、長期にわたって与え続けると、腎臓や肝臓に障害の出るチョコレート中毒になる。なお、ネコは甘味を感じないため、基本的にチョコレートを好まない。

アルコール

好んでアルコールを摂取することはないが、酒に浸した食物を与えると酩酊(めいてい)状態になって運動能力を低下させる。しかし、酔いが醒めれば元に戻る。

塩分

塩分は生体機能を維持するために必要であるが、腎機能がヒトに比べて劣っているため、人間の嗜好に合った食物を与えることは望ましくない。煮干なども塩分があり、主食にするほど多く与えてはいけない。

その他

「子猫にミルク」は定番のイメージがあるが、これが通じるのはあくまで子猫だけである。猫の母乳にはそもそも牛乳以上の乳糖が含まれており、子猫にとって乳糖は貴重な栄養源である。しかし、成長したネコは乳糖を代謝できないため、牛乳や乳児用の粉ミルクを与えると下痢をする。成猫には乳糖を取り除いたミルクを与えなければならない。

ネコ(猫、学名:Felis silvestris catus)は、世界中で広く飼われているネコ目(食肉目)の小型動物である。ネコの起源は、ネズミを捕獲させる目的で飼われ始めた(狭義の)ヤマネコ(Felis silvestris)の家畜化であり、分類学上はヤマネコの1亜種とされる。人によくなつくため、多くが愛玩用のペットとして飼育されている。

出典:wikiペディア